射精

下半身むきだしの恰好のまま 鼓動のリズムに合わせて、快感がツンツンと脳髄を直撃してくる。きっと濡れている。そう確信した。真澄はお汁が下着を抜けて沁みていないか、気が気ではなくなった。朗読の声も湿っぽく震えがちになる。見て…

Read More 今後のセックスが美咲のヴァギナを完成へと導くのだ