学園一のセーラー服の美少女が自分の前にひざまずき

荒れ狂う下半身の欲望に身悶えながらも

実は米軍のVIPの方からじきじきに指名が掛かってるんで。うわぁ、凄いんだね、ママ。ここはただのカフェじゃなかったのか?奈々、お前は知らないだ。ろうけど、が掛かるなんて、まるで性風俗だぞ佐々木が2人を2階に連れて上がろうとエレベーターに向かった時、屈強な見張り番を見て俺は迷った。ここは何としても止めるべきではないのか?もちろん悪夢のせいで俺が考え過ぎている可能性が高い。こんな所で頑固親父を演じてしまったら、奈々との関係はますます冷え込んでしまうだろう。



実は頭の中はエッチなことでいっぱいです
それに千恵利との関係も。だがその場を動かず見ている俺に向かって、エレベーターを呼んでから振り向いた佐々木があからさまな挑発のトリガーを引く。どうした増田、止めないのか?チェリーちゃんも奈々ちゃんも、俺が貰ってくぜ。やめろ!千恵利も奈々も行っちゃいけない、それは罠だ、罠なん。タカ君、どうしたの?ノノもうハッキリわかってしまった。あれは悪夢なんかじゃない。全て本当に起こった事だったのだ。

  • ザーメンを抜かれてしまうだろう
  • その乳首はみずみずしいとはいえないが
  • 上から覆いかぶさって肉棒を叩きこむ

調教課程や折檻の場面を撮影した写真やビデオの販売

絵美は股間にむず痒い感触を覚えた俺が突然詰め寄ると、千恵利と奈々は驚き戸惑うばかりだった。彼女達は催眠中の記憶を消されているのだろう。そして佐々木は俺に向かい、な両手を広げて無防備な体勢を取る。ホラホラ、どうした増田。嫁さんと娘を行かせたくねえんだったら、俺を殴って力ずくで止めてみな。出来ねえのか?ケツ!弱虫め、これだ。からせんずり野郎はよ…。
チンポを見ると

私も胸を愛撫されるのは大好きです--もう我慢出来ない!そうだ、自分の気持ちに素直にならなくては。世間体とか、余計な事なんか考えちゃいられないぞ。キャーッ!タカ君、やめてし俺は無我夢中で佐々木の胸倉を掴むと、思い切りぶん殴っていた。一発一1発、111発…佐々木はなぜか全く無抵抗で、所構わぬ俺のパンチで歯が折れたらしく、ゲホッと血反吐を吐く。そこでようやく見張りの大男が割って入り、はるかに強烈なパンチを喰らった俺はあっさりダウ。

股間に貼り付くびしょ濡れパンツの瀬戸際まで筆を遊ばせた

して意識がなくなってしまった。次に俺が目覚めたのは留置所の鉄格子の中だった。意識が戻るとすぐさま面会に来ていた佐々木が現れたのだが、やつは顔に大きな包帯を巻いていた。頭がひどくズキズキと痛んだが、こんな場所に入れられる羽目になった経緯は、そうだ。全て明瞭に覚えていた。あれは夢なんかじゃない。佐々木に会いに行ってから殴ってしまうまでの一部始終が、全部本当に起こった事なんだ。
膣内に入れて掻き回し

麗の言動に緒方の調教が見え隠れして

処女云々はともかくところが不思議な事に、俺が生まれて初めて暴力を振るう原因となった。佐々木に対する激しい憎悪は嘘のように消えており、鉄格子を隔ててすぐ前にいるこの男と、俺は極めて冷静に話をする事が出来た。いや、本当は自分が。だと思い込まされていただけだったのだが。俺はあの。ハーブティー。を飲んでしまって掛けられた強力な催眠術にずっと支配されていたのである。術者である佐々木が解いてくれない限り自力で逃れるのは不可能だった。