奴隷の立場をハッキリ言いなさい

クリトリスに押しつけられた時だった

待ちなさい。そんな上目遣いで色っぽく男をたぶらかそうとしてもダメですよ、先生。ちゃんと言えなければ、ソイツはあげられません。そんな…。校長先生の男性自身は私にとって理想的過ぎて、それを目の前にしている。のにまるでおあずけを喰らった犬のような気持ちになっていました。校長先生の、おちんちんを、下さい。男性器を指す言葉自体口にしたことのなかった私にすれば思い切ってねだりして見せたつもりでしたが、やはりごまかしは聞きません。そんなことを聞いてるのではありませんよ。

  • 君子は勃起をいったん喉奥まで呑み込むと
  • 股間の縄を上に向けて引き上げます
  • 尻を包むライトブルーのスカートの上から

目の前に肉棒がある

パンツの汚れの理由を言いなさい。染みがベットリ付いてるのはなぜですか?それから黄ばみがひどくて黒ずんでるのは何の色なのか、ちゃんと説明するのです、吉野先生。それは…。ああ、言えない、そんなこと。どうやらご奉仕だけでなく、お仕置きもされたいようですね。ああっその素敵な言葉を聞いた途端、校長先生の趣向を凝らしたさまざまな。お仕置き。を思い出した私は、全裸の身を大きくワナワナと興奮で慄わせショーツの染みの原因であるアソコの奥からますますドクンと熱いものを滴らせてしまい、それが内股をタラリと流れ落ちる冷たさを感じていまし。今日1日、その格好で授業をなさい。そんな…。フェラチオがうまい

オマンコからお漏らししちゃいますううううそういうが早いか
オマンコからお漏らししちゃいますううううそういうが早いか

射精に疲れ果て

男子生徒がいたら、きっと大喜びでしょう私は全身に悪寒を走らせて絶対にそんなことは出来っこないと思っても、大きくおののかせ、必死で口走ります。あ、あの、私がいつもアソコを濡らしているからですわ、校長先生!なんだ、やっぱり欲求不満の人妻なんじゃありませんか、吉野先生。あなたはご主人がありながら裏切って、他の男のチンポを欲しがっていつもアソコをウズウズ濡らしていらっしゃるんですね、認めますか?それは…。違いますっ!主人だって愛してます!だけどああ。

ほっそフェラチオする時は

私は自分の気持ちと体の反応が全く矛盾していることに苦しみ、又答に詰まってしまいました。主人は愛しているし、幸せな家庭を捨てるだ。なんてこれっぽっちも考えてはいないのです。なのに、校長先生のシンボルを目にすると気が狂いそうなほど欲しくて欲しくてたまらないし、絶対に1人えっちをしてはいけないと禁じられている体はいつでもジクジクと濡れそぼって、朝晩校長先生にご奉仕してお情けを頂き、抱いてもらうことを心待ちにしています。まるで危険な薬物を使われて禁断症状が出ているような状態でした。

名残り惜しそうに大竹が乳首を解放した

仕方ない、ホントにお仕置きしてちょっと校長室まで…。まだ素直に成り切れないのですか?あげましょう…もしもし、教頭先生、服を着せて下さいっ!お仕置きだと言ったじゃありませんか。さ、机の陰にお隠れなさい。教頭先生のいらっしゃる職員室からの距離を考えると服を着ている時間はありません。私は校長先生が椅子の前に動かして下さった机の陰に隠れる。

尻肉だ
尻肉だ

下半身は若草色のプリーツスカートがめくれあがり

ように正座して身を屈めました。すると校長先生が小さな声で囁き掛けま。さあおしゃぶりなさい。それから指をアソコとお尻の穴に入れるのです。それはいつもの。ご奉仕。スターで、私はいつ教頭先生がいらっしゃる。かと心臓が爆発するくらい高鳴らせながら素晴らしい肉塊を口に含み、右手の指を2本アソコに含ませ左手の人指し指をチュプリとアナルに突き刺しました。そしてもう無我夢中でクチュクチュと口を動かし、両手も蠢いて1人えっちに突入してしまいます。