真菜の指オナニー姿を

俺の股間がうずいてきた皆でさわりはじめた

梶山はカラーシャツに、ズボンの軽装。そのとなりの席にいる武井豊-を見た瞬間、麻衣はまたくらくらした。さ、どうぞ。梶山は女性たちに、椅子をすすめた。武井くんは、改めて紹介するまでもないな。よく、ご存知だね。は、はい。どうも、はじめまして。武井は生真面目に挨拶近くで見ると、武井は色白で睫毛の長い、繊細な感じの男であった。夏のスーツを恰好よく着こなし、プラチナのブレスレット。

  • ヌルーツとペニスが熱く潤んだ蜜壺に侵入する
  • バイブレーターであることはわかった
  • アナルの心地良さで気もそぞろでした

透き通るような白い肌と真っ赤な下着のコントラストが

武井はあまり女の子たちに関心を払わなかった。梶山を相手に、すぐウマの話を続ける。カジノパワーは血統馬ですから、新馬で人気になりそうですが、まだウマが本当に走る気になってないですね。まだウマが若いか。カジノヒメは面白そうですよ。気性が素直で、乗りやすいウマです。きょうは木曜日。武井は早朝の追い切りをこなし、馬主の梶山に報告している。調教師となっている

職場で下半身だけ丸裸という刺激的な姿しかも
職場で下半身だけ丸裸という刺激的な姿しかも

フェラで脳内が蕩けていく

長田麻衣は、憧れの競馬騎手、武井豊が梶山を相手にウマの話を続けてくれてホッとしていた。なんか無視された気もするが、武井に眸を覗きこまれて話しかけられたら、どう返事をしたらいいかわからない。それは大内、も同じ。うっとりと、競馬界の貴公子、武井をみつめているほうが気が楽だった。話の工合から察すると、梶山源治の持馬は、今週の札幌競馬に二頭出走する。いずれも三歳馬で新馬レースを使う//らしい。

真菜の子宮が一番待ち望んでいるのだった

良血馬のカジノパワーは、人気になりそうだが、武井はあまり自信がなさそう。一方、人気はないが、カジノヒメという牝馬が、勝ち負けを争うだろうと馬主の梶山に報告していた。これは馬券のヒントになる話。麻衣と里絵は、武井のソフトな語り口に耳をすます。武井のほうは、馬券のヒントを提供する気はないのだが、彼女たちにはホットなニュースである。料理が運ばれてきた。武井はワインにも口をつけず、コンソメも軽くすするだけ。

肉棒はズブッと口腔に埋まった

体重が生命の競馬騎手らしく、量は食べない。そうか。カジノヒメが面白いか。梶山が言った。やっぱり、三歳は牝馬のほうが、仕上がりが早いですか。里絵が、武井にたずねた。麻衣はムッとした。あたしより先に、武井くんに話しかけるなんてあんまりだわ。

尻たぼを広げつつ中指を伸ばして興奮のためか収縮して閉じたり開いたりしている淫らな
尻たぼを広げつつ中指を伸ばして興奮のためか収縮して閉じたり開いたりしている淫らな

奴隷をお持ちの方が希望です

傾向としては、そうですね。カジノヒメは、スプリンターの血統ですから、来年の桜花賞まではおもろいと思いますね。牝馬がすべて気性が素直というわけじゃありません。武井の言葉には、ちょっと関西訛りがまじる。そのあたりは、人間と一緒だよ。人間だって、女性のほうが早熟だろう?梶山が、面白そうに言う。あたしなんて、気性が素直で、素直で。麻衣が言う。